J-1ビザ - ハワイでの就職、求人・仕事情報満載.ハワイ就職を目指す方のための就職支援サイト

ビザ(査証)

J-1ビザ

J‐1ビザは、交流訪問者ビザと位置付けられ、米国国務省(USDS)の教育文化局(Bureau of Educational and Cultural Affairs)が監督する『交流訪問者プログラム』の参加者に与えられます。13種類の交流目的に応じてDS-2019が発給され、各カテゴリーにおいて米国での就労、研修、研究活動が許可されます。また、J‐1ビザはSocial Security Number を取得することが認められているため、合法的な就労が認められています。滞在期間中のJ-1ビザスポンサーは、DS-2019を発給した米国の教育団体となります。

合法的な就労が認められているJ-1ビザ(交流訪問者)では、Social Security Number(SSN)の申請、運転免許の取得、銀行口座の開設が認められています。

ビザ概要

就労可能期間 最大18ヶ月間※期間終了後、他のビザへの切り替え可能
取得査証 J-1ビザ
カテゴリー 私企業プログラム/トレーニー、インターン
滞在許可証 DS-2019
J-1ビザスポンサー DS-2019発給団体
雇用関係 給与・手当てが発生しても雇用関係は発生しません。
サポート費用 DS-2019申請費用:
¥415,275(税抜¥395,500)〜¥469,875(税抜¥447,500)
*DS-2019とはJビザを申請する上で必要な「滞在許可書」です。ビザスポンサーとなる米国非営利教育団体へ申請をします。金額は申請する団体により異なります。
*上記の費用には、Jビザ期間中のUS傷害保険、SEVIS費用(アメリカ国務省へ支払う管理費用)、サイトビジット費用(Jビザホストカンパニーへの査察費用)が含まれます。

ステータス変更費用:
¥42,000(税込)
*現在アメリカへ滞在中の方で、アメリカへ滞在したまま、Jビザへステータスを変更する際に発生する費用です。移民局が管轄となります。

WorkHAWAIIのサポート

ステータス変更手続き

既に米国に滞在しており、米国での就労を希望されている方には、ステータス変更のサポートをご利用いただけます。F、OPT、などあらゆる滞在ステータスへの変更が可能です。 ステータス変更は、移民局を通じあなたのステータスを「J」へ変更します。 ホストカンパニー変更手続き ホストカンパニー変更手続きの代行を行います。 会社変更理由によっては、お受けできない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

Jステータスへ変更すると...

DS-2019Formの申請

DS-2019Formは、米国国務省から認可を受けた団体・教育機関が発給する滞在許可証のことを言います。現在、DS-2019を発給できる団体・教育機関は全米に約50団体あり、 DS-2019発給に際し、各団体・教育機関で交流目的に応じた発給基準を独自に設けています。WorkHAWAIIはあなたの経歴、受入企業に適したDS-2019発給団体より確実にDS-2019Formを取り寄せます。

大使館ビザ面接サポート

ビザ取得で最も困難とされているのは、大使館とのビザ面接です。2007年7月に実施されたJビザに対する移民法の改正により、更にJビザに対する取り締まりは厳しくなっています。WorkHAWAIIでは、これまでの実績、ノウハウから、ビザ申請者の個々の経歴に合わせた大使館ビザ面接サポートを行っています。

サポート内容

ネイティブスタッフによるマンツーマン面接練習、大使館ビザ面接必要書類作成など

ホストカンパニー変更手続き

ホストカンパニー変更手続きの代行を行います。 会社変更理由によっては、お受けできない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

Work Hawaiiビザサポート

業種から探す

WorkHAWAIIは、ハワイ就職を目指す方と日本人を雇用したい企業との出会いの場を提供するハワイ就職支援サイトです。業種・職種ごとの求人情報からあなたが希望する仕事を探してください!また、メルマガ登録者には定期的にアメリカの新着求人情報をお送りいたします。

ハワイ求人検索

ページ先頭に戻る