Q&A - ハワイでの就職、求人・仕事情報満載.ハワイ就職を目指す方のための就職支援サイト

Q&A

Q & A 生活編

ハワイの生活に関する素朴な疑問から、参考になる情報までご質問にお応えいたします。

Q & A 仕事編

ハワイの仕事に関する素朴な疑問から、参考になる情報までご質問にお応えいたします。

よくあるご質問の回答 - 生活編

ハワイの物価は高いと聞いたのですが、具体的な例をあげて教えてください。

ハワイは島なので、船や飛行機で物を運んでくるため、スーパーに行っても物価はメインランドより割高です。外食をすれば、ひとり$15はかかってきます。

ハワイの生活ではあまり英語は必要ではありませんか?

基本的に生活は全て英語です。日系人が多く住んでいるので、英語は必要ないとお考えの方が多いですが、ここはアメリカです。観光客としては英語はさほど必要ないかもしれませんが、「ハワイで働く」となれば、英語力は必須です。ただ、美容院なども日本人経営のお店がいくつかあり、病院でも日本語対応のところもあるのでメインランドに比べれば日本人にとって生活しやすい環境といえます。

ハワイの運転免許取得は難しいですか?

日本に比べると随分簡単です。まず筆記試験(選択問題)を受けて、30問中24問正解で合格です。筆記試験が受かれば仮免取得です。その後実技試験を受けます。免許センターの周りを一周します。日本とは斜線が反対ということと、日本で試験を受けたときのような運転をすれば受かります。実技試験に合格すれば免許取得です。WorkHAWAIIからドライビングスクールをご紹介することも可能です。

ハワイの交通機関について教えてください。

オアフ島はどこに行くのもバスが通っています。車が無くても、バスに慣れれば快適に生活できます。 その他、自転車、モペット(原動付自転車)なども人気です。

ハワイでの住居について教えてください。

オアフ島はとにかく家賃が高いです。ワイキキ周辺では小さめのStudio(1 room)でも$1000以上します。セキュリティ付のコンドミニアムになると、更に高くなります。学生などは、家賃を抑える為に、2Bedroomや3Bedroomの部屋を借りて友人同士でシェアしています。ハワイに来たばかりの方は、1人暮らしからスタートになりますので、$1000〜$1500/月の家賃をお考え下さい。

ハワイに住む人々について教えてください(性格、ライフスタイルなど)

ハワイにはハワイアンタイムと呼ばれるものがあるほどで、昼間からビーチで遊ぶ人々の姿を見ることができます。日本では考えられない、ゆっくりとした生活を垣間見ることができます。うらやましいですね。また、ハワイには多くの日系人が滞在をしています。ハワイは物価が高く、不景気であることから、2〜3つ仕事を掛け持ちしている方が大半です。日本以上に働いている方がたくさんいらっしゃるのが現状ですが、ハワイという場所にはそれほど魅力があるということでしょう。

ハワイに住む人々は、休日、休暇をどのように過ごすのでしょうか。

オアフ島の面積は東京23区とほぼ同じと言われるくらい小さいので、車を使えば一日でまわることができます。休みの日は、ドライブをしたり、コンドミニアムのプールでBBQをしたり、ビーチに行ったり、サーフィンをしたり、皆さんのんびり過ごします。

携帯電話はどのように購入できますか?

携帯電話会社は数社あります。それぞれ特徴があって、二年契約で途中解約の場合違約金が発生したりする会社、またそのような利用契約がないプランなども存在します。

日本の食品は手に入りますか?

ドンキホーテ、マルカイ、NIJIYA、白木屋など、日本の食材をおいたスーパーマーケットがあります。大抵のものは手に入りますが、日本からの輸入品になるので、日本に比べてかなり高いです。

ハワイには日本の芸能人が多く訪れるイメージがあるのですが、実際のところはどうなのでしょうか?

ビーチ、スーパーマーケット、レストラン、ビデオ屋さん、ショッピングセンター、いろんなところで芸能人を見かける事はあります。やはり多くの芸能人がハワイに遊びに来ているようです。

ハワイで長期滞在をする上で、今から準備しておいたほうが良いことなど教えてください。

一番は「お金」です。ハワイは、日本で例えると物価は東京、場所は沖縄というイメージです。物価は高いのですが、給料や仕事は少ないというのが現状です。ハワイに滞在するには、短期的なプランではなく長期的なプランが必要です。しっかりと滞在コストを計算し、それに対して資金計画を立てていってください。また、アメリカのビザについてある程度の知識を身につける事も大事です。ビザがなければ、ハワイで長期滞在することはできませんので、自分の希望、経歴にあったビザを事前にリサーチしましょう。

よくあるご質問の回答 - 仕事編

ハワイではどのようなお仕事があるのですか?

ハワイは観光産業で成り立っています。飲食店、観光客や日本向けのメディア業、美容系などが求人として多くあがっています。

ハワイで働く為に必要なことを教えてください。

まずは英語力です。英語と日本語が話せれば、お仕事の幅は大きく広がります。 また日本での職務経験も重要です。3年以上の一貫性のある経験が求められます。職務経験が3年に満たない方は、日本でしっかりと経歴をつけてからハワイに来られることをお勧めします。遠回りのようですが、これが一番の近道なのです。また、今後のビザを考えると、4年制大学を卒業していることも重要なポイントになってきます。

ハワイで需要の高いお仕事は何でしょうか?

ハワイに限らず技術職のお仕事の需要は高いです。美容師、ネイリスト、エステティシャン、Webデザイナー、調理師などは常にオープンポジションがあがっています。

英語が得意ではないので、日本語の仕事を探しているのですが。

日本語のお仕事=日本人観光客を対象としたビジネスです。バブル時期を栄え目に日本人観光客が激減し、日系社会の規模は縮小に向かっています。そのなかで、仕事を得ようとしても、高い倍率、厳しい就労環境が待っています。あなたが本当にハワイでながく住みたいのであれば、ローカル(英語環境)のお仕事は必須です。英語が不得意であれば、あせらず英語学校に通って、英語力をあげていくことを考えてください。ここは日本ではなくアメリカという自覚を持つことが大事です。

仕事は必ず見つかりますか?

WorkHAWAII は、あなたの経歴、英語力に合わせた会社紹介を行います。ただ、そのときの経済事情によりお仕事のご紹介が困難な場合があります。また十分なスキルと英語力をお持ちでない場合には、お仕事の紹介ができない可能性があります。

ハワイでできるだけ長く働きたいのですが、ビザの取得が難しいと聞きました。

アメリカの不況により、就労ビザの発給数の制限や、大使館のビザ面接が厳しくなっています。昔のようには簡単にビザが発給されない状況ではありますが、WorkHAWAII はあなたの目的、経歴に合わせたビザサポートを行っています。ビザは非常に複雑で変動があるものですので、ビザの最新情報については WorkHAWAII へお気軽にお問い合わせください

どんなビザを取得すればいいですか?

働くためのビザは様々な種類があります。あなたのご経歴、会社のサポートにより申請ビザは異なりますので、WorkHAWAII までお問い合わせください。また現在就労ビザをお持ちでない方は、研修ビザとよばれるJビザの取得をお勧めしています。

永住権は取れますか?

永住権の申請は、投資、抽選、結婚、会社サポートなど様々な申請方法があります。まずは毎年行われるDV Programという永住権の抽選へお申込されるのが良いでしょう。

ハワイの一般的な労働時間を教えてください。

一般的な事務ワークは、9:00-17:00が基本です。ただ、日本人の場合、接客業のお仕事が多いので、深夜近くまでの勤務も出てくるかと思います。会社の規定により異なりますので、一概に決めることは難しいです。

ハワイの平均賃金を教えてください。

最低賃金は$7.50です。ハワイの物価は非常に高いので、1つのお仕事だけでは生活できず、仕事を2〜3つほど掛け持ちしているのが一般的です。日本とはまったく異なる就業スタイルになります。

業種から探す

WorkHAWAIIは、ハワイ就職を目指す方と日本人を雇用したい企業との出会いの場を提供するハワイ就職支援サイトです。業種・職種ごとの求人情報からあなたが希望する仕事を探してください!また、メルマガ登録者には定期的にアメリカの新着求人情報をお送りいたします。

ハワイ求人検索

ページ先頭に戻る